バイク査定に必要なもの

バイク査定を電話またはインターネットで申し込む場合、業者側からバイクの車種や年式などの情報が求められます。

そのため、バイク査定を申し込むときは手元に車検証を用意し、正確な情報を提示できるよう心がけましょう。

また、オンライン査定を経て出張査定を申し込む場合は、車検証の他に自賠責証明書や印鑑、身分証明書などが必要となります。

このうち車検証についてはバイクの排気量によって名称が異なり、125cc以下のバイクは標識交付証を。250cc以下のバイクは軽自動車届出済証を。250cc超えのバイクについては車検証をそれぞれ提出します。

なお、身分証明書については運転免許証や保険証、パスポートなどが有効です。

所有者が未成年の場合

査定に出すバイクの所有者が未成年の場合、上記に掲げた書類のほかに、業者指定の同意書や親権者の身分証明書の写しなどが必要となります。

このうち、同意書については業者によって規格が異なるので、電話で取り寄せるか、あるいは公式サイトからダウンロードし、プリントアウトして使用するようにしましょう。

2つの書類は出張査定時に業者に手渡しするか、あるいは事前に担当店舗に郵送します。

これらの書類があれば未成年者でもバイク査定・売却を行うことが可能ですが、契約時は親権者に対して電話で同意確認が行われるので、保護者の方も電話連絡が取れる環境を整えておきましょう。

バイクの名義人が異なる場合

査定に出すバイクの所有者と名義人が異なっている場合、査定に必要な書類のほかに、名義人の委任状と身分証明書の写しが必要となります。

委任状は業者から取り寄せるか、あるいは公式サイトでダウンロード&プリントアウトし、名義人に署名・捺印してもらいましょう。

なお、査定対象となるバイクのローンが完済されていない場合、名義人はローン会社あるいはバイクショップとなっています。

この場合は新たにローン残債一括精算や所有権解除などの手続きが必要となるので、ローン残債額が確認できる書類もあわせて準備しておきましょう。

バイク王
売るなら今!バイクの価値が 下がる前に、バイク王の無料出張買取
www.8190.co.jp/

バイクランド
最新の買取相場をご案内!無料で出張バイク査定に伺い、高額でバイク買取
www.bike-kaitori.com/

バイクブロス
全国9万台以上の新車・中古バイクの中から、お探しのバイクを検索!
www.bikebros.co.jp/