査定基準の違い

バイクショップの下取りと専門業者によるバイク査定は不要になったバイクを買い取るという点では共通していますが、その査定基準は大きく異なります。

まずバイクショップの下取りの場合、買い取った商品を在庫として保有・販売するために必要な費用を算定した上で買取価格を計算します。

そのため、あまり人気のない車種は在庫期間が長くなりやすく、必然的に買取価格も低くなってしまいます。

一方、バイク査定専門業者の場合、オークションの評価および市場価格に基づいた査定基準を採用しているため、ダイレクトに査定価格を提示することが可能。

在庫期間や流通コストなどを考慮する必要もないので、バイクの価値に見合った査定価格を提示してもらえます。

バイク査定の方法

では、バイク査定専門業者ではどのように査定を行っているのでしょうか。

細かい査定基準については業者によって異なりますが、多くの業者はオークション同様、点数方式の査定を採用しています。

点数方式ではバイクの状態を念入りにチェックした上で10段階評価を行い、評価が高いほど買取価格も上昇します。

基本的には年式が新しく、かつ走行距離が少ないバイクほど査定額はアップしますが、人気車種の場合は年式が古くてかなり走り込んでいても査定額が高額になる可能性があります。

また、事故歴があるバイクや不動車の場合、査定額は落ちますが、パーツを取り外して再利用することもあるので、廃車にする前に一度査定を受けてみることをおすすめします。

10段階評価の内訳

バイク査定は10段階評価の点数方式であると述べましたが、その内訳はおおよそ以下のように分類されています。

もちろん、細かい内訳は業者によって異なりますが、ある程度の基準を知っておくと、実際に出張査定を受けた際、提示された査定額が妥当かどうかを判断する材料となります。

以下では10段階評価のおおよその基準を一覧にまとめてみました。

評価(ポイント) 内訳
1
修理不可能な不動車・事故車。パーツを取り外して再利用する。
2
事故・転倒歴あり。エンジンもかからず、明らかに長期間利用されていない不動車。
3
パーツ欠損、傷、改造有りの車。エンジン等にも少々難あり。
4
パーツの欠損はないが、少々傷有り。エンジン等の問題や改造はなし。
5
洗車等による磨き跡は残るものの、目立つ傷や改造が見られない車
6
新古車。登録済みで走行距離1000km未満。傷もまったくなし。
7
新古車。登録済みで、走行距離は数十キロ程度。オイルやガソリンも入っている。
8
新古車。登録済みで、走行距離は0。オイル、ガソリンも入っている。
9
新車。オイルやガソリンを入れた形跡はあるものの、未登録。
10
新車。オイルやガソリンを入れた形跡もなく、未登録である車。

バイク王
売るなら今!バイクの価値が 下がる前に、バイク王の無料出張買取
www.8190.co.jp/

バイクランド
最新の買取相場をご案内!無料で出張バイク査定に伺い、高額でバイク買取
www.bike-kaitori.com/

バイクブロス
全国9万台以上の新車・中古バイクの中から、お探しのバイクを検索!
www.bikebros.co.jp/