他社との競り合いは有効?

バイク査定の際、自分のバイクの相場を知っていないと、業者に足下を見られて安い査定額を提示される可能性があります。

そのため、査定前にはオンライン一括見積もりサイトなどを利用し、複数の業者からまとめて見積もりを取っておくと、妥当な金額を提示されているかどうか簡単にチェックすることができます。

また、他社と競合していることは査定交渉において有利な材料となり、うまく活用すればよりよい査定額を引き出すことが可能となります。

ただ、他社との競り合い方法を誤ると、査定額がアップするどころか、かえって損をする可能性が高くなるので交渉材料として利用する場合は細心の注意が必要です。

他社との談合に注意

バイクの出張査定では、依頼者が希望の日時を提示することが可能となっていますが、同じ日の近い時間帯に2つの業者と約束を取り交わしてしまうと、現場で業者同士が鉢合わせてしまう可能性があります。

通常、他の業者は競合相手なので、鉢合わせした場合は互いが競り合い、よりよい査定額を引き出すことができます。

ただ、査定業者の中には裏で談合を行っていることがあり、両者ともに相場よりも低い価格を提示してくることがあります。

この場合、どちらと契約してもユーザーは損をしてしまうことになるので、ダブルブッキングによる競り合いは期待せず、日程を調整した方が無難と言えるでしょう。

最有力候補は一番最後に

一括見積もりサイトなどを利用すると、どの業者が一番いい値を出したか一目でチェックすることができます。

もちろん、査定額は交渉次第でアップすることも可能ですが、オンライン査定の時点で一番高値をつけた業者は最有力候補となります。

さらに、ネットで口コミなどを調べてみて、評判が良い業者はよりよい条件で買い取ってもらえる可能性が高いので、一番候補に挙げておきましょう。

有力候補を絞ったら、まずはその他の業者に出張査定を申込み、ひととおり最終的な見積もりを取っておきます。

その上で、最後に最有力候補の業者に査定を依頼し、あらかじめ取っておいた他業者の見積もりを材料にしながら交渉を進めると、ベストな査定額を引き出しやすくなります。

バイク王
売るなら今!バイクの価値が 下がる前に、バイク王の無料出張買取
www.8190.co.jp/

バイクランド
最新の買取相場をご案内!無料で出張バイク査定に伺い、高額でバイク買取
www.bike-kaitori.com/

バイクブロス
全国9万台以上の新車・中古バイクの中から、お探しのバイクを検索!
www.bikebros.co.jp/